1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナム社会
  5. 無理やりキスして、900円の罰金|性的暴行に対する処分の甘さに怒りの声

BLOG

ブログ

ベトナム社会

無理やりキスして、900円の罰金|性的暴行に対する処分の甘さに怒りの声

ベトナムで、性犯罪に対する処分の甘さに対して、怒りの声が広がっている。

きっかけとなったのは、ハノイのアパートで、女性に無理やりにキスをした男性に対する処分が、20万ドン(約900円)の罰金刑という軽いものだったこと。

CCTVカメラの映像によると、この男性は、エレベーター内で女性と会話をした後に、女性を壁に押し倒して無理やりにキスをし、その後、女性がエレベーター内から逃げ出している。

このカメラの映像がネット上で拡散した事から怒りの声が広がる結果となった。

ベトナムでは、レイプは刑法違反で犯罪となるが、レイプに至らないセクハラ行為は「不適切な言動」という名目による行政処分の対象とのみなり、最高で1,400円程度の罰金系を受けるのみ。

NGOのActionAidが2014年に、2,000人の女性を対象に行った調査によると、87%の女性が、。公共の場でのセクハラ行為を受けた事があるという。

ベトナムでは、セクハラ問題が社会的な話題となる事は少なく、2017年に、#MeToo運動もベトナムでは盛り上がらず、性的暴力の問題はタブー視されている。

2017年に女優のVu Thu Phungさんが「ハリウッドのプロデューサーのハーベイ・ウェインスタイン氏からセクハラを受けた」と訴えた時にも、大きく取り上げられることは無かった。

論評

女性にキスをして900円で済むなら、カラオケなどの風俗店に遊びに行くよりも安く済んでしまいますね。

この様な行為を軽い処分で済ましているのは、ベトナム政府は、「男性の娯楽を奪うと反発がおきる」のを恐れているのでしょうか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事