1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ベトナム語の通訳を格安で頼みたいときの方法

BLOG

ブログ

未分類

ベトナム語の通訳を格安で頼みたいときの方法

現代、日本とベトナムとは多大の経済交流があります。
また、文化的にも、同じアジアの国同士、相通じるものを持っています。
さらに、観光地としてのベトナムは、多くの日本人に好評で、たくさんの邦人が訪れる地でもあります。
ただ、現地のベトナム語は、日本人には全く理解できない部分が圧倒的です。
フランスに統治される以前の時代は、漢字によく似た独自の文字が使われていた経緯はありますが、現在では、全く違います。
いまでは、文字は、A~Yまでのアルファベットがあるものの、F, J, W, Z が使われないところや、Dが2種類あって、発音が違う点が英語とは異なっています。
また、文法は、英語と同じように、主語、動詞、目的語という順番に並びます。
ただ、英語と違って時制の変化がありません。
また、単数も複数も形が変わりませんので、ある意味、文法そのものはシンプルで学習しやすい側面があります。
発音は難しいです。
12の母音と28の子音に加えて、6つの声調があります。
地球上にある多くの言語の中でも、発音の難しさは上位に位置する言語と言われています。
また、中国語から伝わってきた言葉が多いのも、大きな特徴の一つです。
漢字にそのまま翻訳できる言葉がたくさんありますので、この点では、日本人が学習する上では便利です。
さらに、ベトナム語には、日本で言われている標準語というものはありません。
方言の違いは、大変、大きなものがあります。
範とされる標準発音がありませんので、この部分での煩雑さも無視できません。
さて、このような言語特性を踏まえますと、ベトナム語を正しく理解するためには、通訳を介してのコミュニケーションが必須となってきます。
それには、通訳会社に依頼して、腕の立つ通訳を派遣してもらうのが最良の策です。
とはいうものの、コストの問題が出てきます。
優秀な通訳ほど、費用も高いものを負担しなければなりません。
格安に通訳を頼む方法はないのでしょうか。
それは、ネットで検索して、多くの中から比較検討するのが、格安の費用で依頼できる一番の近道です。
専門用語が多用されるビジネスの場面と、観光地案内の場面とでは、求めている言語レベルには大きな差があります。
間違いが絶対に許されないシチュエーションと、日常会話プラスα程度のガイドの局面とでは、全く異なっています。
何のために通訳を依頼するのかを明確にした上で、ネット検索で得られた通訳会社同士で費用の比較をして、その中から最も安価なところに依頼すれば、コストを抑えることにつながります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事