1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナムの経済
  5. 1月の電気製品輸出は前年比50%の大幅増

BLOG

ブログ

ベトナムの経済

1月の電気製品輸出は前年比50%の大幅増

ニュース本文

ベトナムからの電気製品の輸出は、1月には、前年比50.5%の大幅増となった。

増加の最大の要因は、サムスンの新型スマートフォンのS21の輸出が好調だったため。ベトナムからの電気製品の輸出は、2020年には960億ドルに達し、ベトナム全体の輸出額の3分の1を占めた。

ベトナムでは、サムスンが2008年以降、大規模な投資を行っており、現在、6箇所のサムスンの工場がベトナムで稼働している。

ベトナムは、半導体の生産国としても、地位を固めつつある。インテルは、2006年に組み立て・試験工場をベトナムに稼働させ、21年1月には、5G、および、パソコン用CPUの製造に関連して、追加で4億7,500万ドルの投資を行っている。

また、Apple製品の製造を請け負っているFoxconnも、ベトナム北部での工場建設ライセンスを取得している。

 
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事