漢越語とは、明治期以降に、ベトナムの知識人層が、日本語を通してベトナム語に導入した新しい言葉です。

例えば、法律=pháp luật 管理=Quản lýなどです。

日本人がベトナム語を勉強する際に、「どの言葉が漢越語なのか」を意識して勉強する事は、ベトナム語の言葉を覚えるのにとても役立ちます。この点に関しては、漢越語の総論に関しての記事をご覧下さい。


この記事では、総論の記事に続いて、「漢字の音読みに基づいて、漢越語のスペルを覚える方法」に関して紹介したいと思います。


上で書いた様に、「漢越語とは、日本語を通してベトナム語に導入した新しい言葉」です。そして、ベトナム語に導入する際には、ある程度の規則性を持って、日本語からベトナム語に置き換えられました。


このため、日本語の読みとベトナム語の漢越語のスペルには、一定の対応関係があります。

ちなみに、ここで、「日本語の読み」という場合には、音読みのみを指しています。例えば、明という漢字では、訓読みは、「あか(るい)」で、音読みは、「めい」です。国という漢字では、訓読みは、「くに」で、音読みは、「こく」です。

対応関係その1:ngで終わる漢越語

ngで終わる漢越語→日本語の読みは、「う」が対応します

具体例をあげます。下線部が、対応関係を示しています。

漢越語日本語音読み注釈
thông thường通常・じょ
ng cộng公共・きょ
đồng ý同意・い
trung tâm中心ちゅ・しん
trọng lượng重量じゅ・りょ
ngで終わる漢越語

対応関係その2:nhで終わる漢越語

nhで終わる漢越語→日本語の読みは、「い」

具体例をあげます。下線部が、対応関係を示しています。

漢越語日本語音読み注釈
chính xác正確・かく
chính trị政治・じ
phát minh発明はつ・め
thông minh聡明(頭が良い)そう・め前は対応関係1
nhで終わる漢越語

「nh」と「い」が対応しているのが分かります。

対応関係その3:nで終わる漢越語

nで終わる漢越語→日本語の読みは、「ん」

漢越語日本語音読み注釈
chuẩn bị準備じゅ・び
công viên公園こう・え前は対応関係1
tiên tiến先進・し
nghiên cứu研究・きゅう
nで終わる漢越語

対応関係その4:ưで終わる漢越語

対応関係その4:ư→日本語の読みは、「や行」

漢越語日本語音読み注釈
nghiên cứu研究けん・き前は対応関係3
lưu ý留意う・い
dự định予定・てい後ろは対応関係2
nhược điểm弱点く・てん
ưで終わる漢越語

注意点

ただし、上記の対応関係を理解する上で、注意点があります。それは、「この対応関係は、「漢越語のスペル→日本語の読み」を推定する際の法則を示しているが、その逆の「日本語の読み→漢越語のスペル」を推定するための法則にはなっていない、ということです。

例えば、けんきゅう→nghiên cứu、ですので、対応関係1の逆の関係は成立していません。

番外編


漢越語の中には、韓国語を通して理解すると分かり易いケースがあります。

番外編:mで終わる漢越語

漢越語韓国語日本語音読み
cảm động・ドン感動・どう
kim(キム総書記)
cấm
tham(参鶏湯 サムゲタンのサム)
mで終わる漢越語

mで終わる漢越語は、日本語では、「ん」になりますが、nの場合も日本語では「ん」に なりますので、対応関係が見えにくいですが、韓国語では  「m→む」という関係が維持されています。

現代の日本語では、末子音としての「む」の音が無いのが原因と思われます。