1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナム社会
  5. 日本のベトナム人労働者が国別で最大勢力に

BLOG

ブログ

ベトナム社会

日本のベトナム人労働者が国別で最大勢力に

ニュース本文

日本政府の厚生労働省のデータによると、2020年末時点で、日本で働く外国人の内、ベトナム人が中国人を上回り、国籍別で最多となった。

国別の人数は、1位ベトナム人(443,998人)、2位中国人(419,431人)、3位フィリピン人(184,750人)となっている。

2020年3月には、ベトナムからの研修生の受け入れが停止されたが、10月からは受入が再開された。しかし、12月28日からは、再び、ベトナム人研修生を含めた外国人の入国が再び、原則禁止となっている。

昨年度ベトナムから海外に就労目的で出国した人数は78,000人で、2019年と半分となった。

 
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事