1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナムの政治
  5. ロシア、インド、中国にワクチンでの協力要請

BLOG

ブログ

ベトナムの政治

ロシア、インド、中国にワクチンでの協力要請

ニュース本文

ベトナム政府は、現在、ワクチン供給数を増やすために、ロシア、中国、インド政府に協力を求めている。

現時点では、中国製ワクチンは、ベトナムでは認可されていないが、ベトナム政府は、駐ベトナム中国大使に「中国製ワクチンをベトナムで承認するために必要な書類を提出してほしい」との要請が行われた。

ベトナム政府は、ワクチンの認可に必要な手続きを見直しており、必要な書類が提出された後は、2週間以内に認可が行われる予定。

ロシア製ワクチンに関しては、3月下旬に、ベトナム政府による認可が行われており、ロシア政府も、ワクチンの製造とベトナムへの供給に協力する姿勢を見せている。

インドでは、現在、英国のアストラゼネカ社からの技術によるワクチン(ベトナム政府による認可済)の他に、インド現地企業のBgarat Biotech社が開発したCovaxinというワクチンがあり、Covaxinの認可申請書類は、先日、ベトナム政府に提出された。

ベトナム政府は、また、インド政府に対して、ベトナムで開発が進行中の2種類のワクチン(NanocovaxとNanogen)の臨床試験への協力も要請されている。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事