1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナムの経済
  5. ベトナム政府が法定退職年齢を引き上げへ

BLOG

ブログ

ベトナムの経済

ベトナム政府が法定退職年齢を引き上げへ

ワンポイントベトナム語翻訳講座

để ứng phó già hóa dân số 
人口の高齢化に対応するため

  1. để:〜するために
  2. ứng phó:対処する
  3. già hóa:高齢化。giàは、「年老いた」。hoáは、漢越語で、「化」(〜になること)
  4. dân số:人口(dânは漢越語で、「民」。直訳すると、「民の数」)

ニュース本文

ベトナム政府は、労働者の法定退職年齢を、21年1月から引き上げる。

現在は、
一般労働者:60歳(男)、55歳(女)
激しい(または危険な)労働に従事する者:55歳(男)、50歳(女)
高度な職務に従事する労働者:65歳(男)、60歳(女)
となっているが、20年1月以降、順次引き上げられ、35年には、以下の通りとなる。

一般労働者:62歳(男)、60歳(女)
激しい(または危険な)労働に従事する者:57歳(男)、55歳(女)
高度な職務に従事する労働者:67歳(男)、65歳(女)

21年1月の引き上げ幅は、男性が3ヶ月、女性が4ヶ月。

政府は、引き上げの理由に関して、「ベトナムは、他の国と比べて、法定退職年齢が低く、平均寿命は長いため、高齢化に備えて、社会保険基金のバランスを維持するためには引き上げが必要。引き上げを行わなければ、37年には社会保険基金が底をつき、政府による財政補填が必要となる」と説明している。

このニュースに関して思うこと

ベトナムの法定退職年齢は、現状では、男女間で5年も差があるというのは驚きです。男女平等の方向に向かう日本では考えられない事ですね。

ただ、ベトナムも、35年には男女間の差が2年までに縮小するという事ですので、 ベトナム政府も、国際標準に合わせようとする意向があるのでしょうね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事