1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナム社会
  5. ベトナム代表チーム正ゴールキーパーがC大阪に移籍へ(4月3日更新)

BLOG

ブログ

ベトナム社会

ベトナム代表チーム正ゴールキーパーがC大阪に移籍へ(4月3日更新)

ワンポイントベトナム語翻訳講座

Đặng Văn Lâm gia nhập Cerezo Osaka
Đặng Văn Lâmがセレッソ大阪に加入

  1. gia nhập:加入する(漢越語)

ニュース本文

サッカーのベトナム代表チームの正ゴールキーパーであるダン・バン・ラム(Đặng Văn Lâm)が、日本のJ1リーグのセレッソ大阪に移籍する事になった(ただし、コロナの影響で日本への渡航が難しい事から、まだ正式な契約への署名は行われていない)。

ダン・バン・ラム(Đặng Văn Lâm)は、現在は、タイのムアントン・ユナイテッド(2019年6月に加入)に在籍中で、ムアントン・ユナイテッドとの契約は、2022年5月まで残っている(当初は、2021年11月までの契約だったが、コロナの影響でリーグが開催されない期間があるため、2022年5月まで延長された)ため、セレッソ大阪が移籍金を支払う事になる。

Jリーグに移籍するベトナム人選手は、これで4人目となるが、J1でプレイするのは、ダン・バン・ラム(Đặng Văn Lâm)が一人目となる。

ダン・バン・ラム(Đặng Văn Lâm)は、現在27歳。父親はベトナム人、母親はロシア人で、ロシアで育ったが、2011年にベトナムに帰国して、ベトナムのクラブチームHAGLに所属したが、当初は伸び悩んだ。その後、2015年にハイフォンに移籍した後から活躍を始め、韓国人の代表監督のパク・ハン・セオ監督から代表チームに招集され、正ゴールキーパーとなった。

追記

(1月10日)ダン・バン・ラムは、その後、「ロシアのダイナモ・モスクワ、ポルトガルのスポーティング・ブラガからもオファーを受けている」と、代理人のアンドレー・グルーシン氏が明らかにした。

ポルトガルのスポーティング・ブラガは、ポルトガルのトップリーグのチームで昨年度はリーグで3位となった強豪チーム。

代理人のアンドレー・グルーシン氏は、「本人は、行き先をまだ決めていない。日本、ロシア、ポルトガルのいずれも強豪国だ。ベトナムのファンが誇りに思える様な結果になる事を期待している」と語った。

(1月31日)ダン・バン・ラム の移籍をめぐっては、これまでの所属クラブであるタイのムアントン・ユナイテッドが、「ムアントン・ユナイテッドとの契約はまだ有効だ」と主張して異議を唱えていたが、1月27日に、FIFA(国際サッカー連盟)が移籍を認める判断を下し、1月30日に、セレッソ大阪が、ホームページ上で、正式に移籍を発表した。

(4月3日)同選手は、4月2日に、ホーチミン市のタンソンニャット空港を出発し、ソウル経由の便で成田空港に到着した。今後、14日間、日本政府が用意した隔離施設での隔離を受ける。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事