最近近代化の活性化が目覚ましいベトナムですが、昔ながらの建物や文化もいまだに根強く残っており、近代的な部分と昔ながらの部分の両方の魅力を兼ね備えていることで、観光地としても人気が高まる傾向にあるようです。しかし人気が高まっているのは観光地としてだけではありません。これから進化することが見込まれている地域であるために、現在はまだ物価も日本と比べると安くて、しかし近代的なところもあるために生活環境も整っているという魅力もあるのです。そのために一時的な観光としてだけではなく、外国人の定住という意味でも注目の集まっているエリアで、とくにハノイなどの都会では、外国人の定住者もちらほら見かけるようになっています。その中でも日本人に関しては、ハノイ西部にとくに多く存在しているようで、気候はやや湿度が高いですが、食べ物や国民性などに関しては、日本人にとってなじみやすいという特徴があるようです。また日本食を扱っているスーパーなどもありますし、日本人学校や日本語書籍を取り扱ってる図書館などもあるので、日本人にとっては活動しやすい環境が整っている国だと言えます。もっとも不動産バブルとしては、すでに一旦はじけた状態ですし、永住というのはなかなか条件も厳しい部分もあるため、やはり賃貸アパートなどを利用して一時的に定住して生活することが、外国人にとっては一番良さそうな方法と言えます。ちなみに日本でもベトナムの不動産情報を取り扱っている不動産会社はたくさん存在しているので、インターネットなどを利用して不動産会社を調べてみると良いでしょう。そうすれば日本人スタッフがいるかどうかなどの、細かい希望や条件などに対応しているかどうかもわかります。またそういった不動産会社を利用してアパートを見つければ、他のサポートに関しても対応していることもあるので、外国生活でもいろいろ安心できるというケースもあります。たとえばインターネット環境などは、どのアパートでも大抵は整っているケースがほとんどですし、セキュリティに関しても、しっかり完備されているところもあります。そしてインターネットを利用すれば、日本にいながらハノイの詳細物件情報なども確認することが可能です。そのために自分の好みの条件に合わせた物件を、自分自身で探すことも可能です。ちなみに不動産に関しては賃貸アパートに限らず、賃貸オフィスなども探すことができますので便利です。