1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ベトナムの工業団地:工場進出先を選ぶ際のポイント

BLOG

ブログ

未分類

ベトナムの工業団地:工場進出先を選ぶ際のポイント

工場進出先は、自社にとっての母国語とベトナム語を翻訳する業務を請け負ってくれる翻訳会社が近くにある場所を選ぶようにすることが肝心です。ベトナムの工業団地に進出することを考えるのであれば、必ずと言っていいほど現地の人々を雇い入れることになります。その土地に居住している人物であれば、生活に慣れているので仕事にだけ集中することができるからです。ところが、現地人とのコミュニケーションツールは現地の言葉に限られます。ですから、通訳会社の存在が必須であるというわけです。ベトナム人スタッフだけではなく、自社の経営陣と同じ国の出身者が在籍する通訳会社が近くにある工業団地に決めることが有効です。ベトナム語を流暢に話したり高いレベルで翻訳してくれる翻訳会社のスタッフでも、ときおり衝突してしまうことがあります。お互いの出身国が異なることによって、仕事観などさまざまな信条に違いが生じることが原因です。万が一にも意見の相違が発生して収拾がつかなくなった場合には、仲裁役として自社の経営陣と同じ出身国のスタッフの存在は貴重と言えます。支払賃金の安さや市場拡大などを目的にベトナムの工業団地に進出すれば、取引先の担当者も現地の人々になりやすいです。その際に稚拙なベトナム語を話していれば、より良い製品を生み出すことができても信用を得られなくなることが考えられます。結果として、大きな損害を生み出すきっかけになりかねないので、通訳会社と手を組んで商談に臨むことが求められます。また、契約書の内容を確実に理解するには翻訳作業が必要であり、このような場合には翻訳会社との契約が必須です。ベトナム人は他国の平均賃金より安くても熱心に働いてくれる傾向にありますが、各従業員のメンタルケアなどに努める必要があります。従業員たちは普段の生活で馴染みのない国の経営陣が運営する会社で働くので、文化の違いなどでストレスを抱え込んでしまうことがあるからです。メンタルケアに有効なのは言葉を使ったコミュニケーションであり、そのためにはベトナム語の能力が必須です。したがって、通訳会社が工業団地の近くにあれば従業員のメンタルケアが迅速にできるというわけです。ビジネスパートナーのベトナム語を翻訳する場合には翻訳会社、現地の人達とビジネスの会話をするなら通訳会社と契約する必要があります。特に、ベトナムで契約を交わす際には翻訳技術が不可欠なので、翻訳会社の存在を重視することが求められます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事