1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ハノイの歴史

BLOG

ブログ

未分類

ハノイの歴史

ハノイの歴史

ハノイがベトナムの中心都市になったのは7世紀の頃です。唐の時代は雲南と南シナ海を結ぶ交易路上であり、唐による南方支配の拠点となっていました。唐の時代が終わりに近づき、その重要性は一時低下しましたが11世紀の李朝がこの地を都と定めました。李太祖の乗る船が着いたとき金色の龍が空へ昇ったことから、この地は昇竜(タンロン)と呼ばれて1802年まで王都として繁栄し、1831年にハノイになりました。名前の由来は紅河とトーリック河に挟まれた河内という意味です。1873年にフランスに占領され1887年以降はフランス領インドシナの中心地になりました。1940年に大日本帝国陸軍の仏印進駐により1945年(昭和20年)8月15日の終戦まで事実上、日本の占領下にありましたが、9月2日にハノイでベトナム民主共和国(北ベトナム)の独立が宣言されました。その後、1946年から1954年まで第一次インドシナ戦争が起こり戦場となり、一時フランス軍に占領されましたが、戦争に勝利し首都になりました。1960年代から始まったベトナム戦争ではアメリカ軍から爆撃を受けましたが1976年に南北が統一しベトナム社会主義共和国の首都になりました。現在、政治と文化の中心になっていて、さらに東南アジア有数の世界都市であるハノイには、官公庁などが集中しています。外国企業の進出が盛んになり、在住外国人の数が増えました。日本人も例外ではありません。その為、海外赴任の日本人向けにアパートを紹介してくれる不動産会社がたくさんあります。不動産会社では日本人スタッフか、もしくは日本語スタッフが下見、契約、入居まで対応してくれます。日本語訳が付いた契約書も、希望すれば準備してくれます。アパートの紹介手数料やアフターサービスは無料のところが多いです。日本のような敷金、礼金のようなものにデポジットDEPOSITとよばれる保証金制度があります。この制度は、物件を借りるとき、通常の家賃1~3ヶ月分を物件主に預けて契約満了時に何も問題がなければ返金されるというものです。日本人専用の物件もあります。大浴場、サウナ、日本食も付いて、日本人のニーズにターゲットを合わせており、各部屋にウォシュレットが備えつけられたアパートもあります。Ba Dinhバーディン区は日本大使館や日系企業が入居するオフィスビル、日本食レストランが多くあり海外赴任の日本人に人気のエリアです。この地区にはが多くあります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事