1. HOME
  2. ブログ
  3. ベトナムの翻訳ニュース
  4. ベトナム社会
  5. ハノイで死亡した日本人のコロナ感染を確認(2月24日更新)

BLOG

ブログ

ベトナム社会

ハノイで死亡した日本人のコロナ感染を確認(2月24日更新)

ニュース本文

2月13日、ハノイで日本人男性(1967年生まれ)が死亡し、死後に行われたPCR検査の結果、この男性はCovid-19に感染していた事が判明した。

この男性は、1月17日にベトナムに入国し、ホーチミン市のタンビン区にある隔離施設で隔離を受けた。隔離中には、1月17日と1月31日の2回PCR検査を受けたが、2回共に、結果は陰性だった。

その後、この男性は、2月1日に飛行機でハノイに移動し、サービスアパートのSomerset West Pointの9階の部屋で、引き続き自主隔離を行っていた。

ベトナム政府は、Somerset West Pointの従業員と滞在客139人に対して、隔離措置を指示した。

ベトナム政府の疾病対策センター(CDC)では、この男性が立ち寄った場所と日時を公表し、「これらの場所に同じ時間に行った人は、申し出てほしい」と呼びかけている(電話番号:096-908-2115)。

IBISホテル(ホーチミン市、1月31日)、ベトナム航空フライト(VN254便、2月1日、午前11時ホーチミン発、午後1時20分ハノイ着)、Tokyo Red Grill(レストラン、2月2日、正午から午後1時)、Hachi Ju Hachi(レストラン、2月3日、午後6時から8時)、Reffles Medical Clinic(2月4日と8日、午前)、Torikich(レストラン、2月5日、午後7時から9時)

追記

死亡した日本人男性は、ベトナムではこれまで見つかった事の無い変異種に感染したいた事が判明した。この変異種は、CAL.20Cと呼ばれる変異種で、米国カリフォルニア州で最初に見つかった。

また、この男性との濃厚接触者の2名も新型コロナウイルスへの感染が確認された。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事