英語、ベトナム語、タイ語通訳のトレーニング

    通訳のトレーニングに関しては、一般的には、以下の方法が用いられます。

    クイックレスポンス

    単語が短いごくを表にしたものを見て、または、録音したものを聞き、口頭で、タイ語、英語、ベトナム語←→日本語に変換するトレーニングです。通訳の現場で訳語が素早く思いつくようにすることは、現場での時間の余裕をもたらします。

    シャドーイング

    外国が読まれているのを聞き、出来るだけ間を置かずに同じ内容を外国語で追随して発音します。聞くと同時に話しをすることになれることが出来るため、同時通訳の練習になります。また、一字一句を聞き取る練習になるため、逐次通訳にも役立ちます。

    リプロダクション

    ある程度の長さのセンテンスを最後まで聞き、外国語で再現します。逐次通訳に際してはある程度の長さの文章の内容を記憶しておく必要があるため、この方法が訳にたちます。

    パラフレージング

    ある程度まとまった文を聞き、別の表現で言い表す練習。外国語でを使って言い表す方法と日本語を使って言い表す方法があります。

    サイトトランスレーション

    文を読み、情報のかたまりごとにスラッシュマークをつけ、そのたびに訳して行く方法。